市川農園の『完熟いちじく』栽培編⑨

2022年夏の「完熟いちじく」収穫&販売までの様子を綴っていきます。
2021年9月の様子をお伝えします。

2021/9/1 他社分析ならぬ他園分析ということで大阪の某有名農園から桝井ドーフィンを取り寄せてみました。
立派な箱に入って、中は「ゆりカーゴ」という特殊な緩衝材に包まれてはるばる我が家まで。多少傷みは見られましたがほぼ無傷。
現代の流通レベルの高さに改めて驚かされます。肝心のお味はというと…
「あれ?いちじくってこんなに薄味だったかな?」という印象。果肉も白い部分が多く香りも薄め…(実は桝井ドーフィンを食べるのはこの日が初めて)
自分はこんなレベルのいちじくはお届けしたくないなと強く確信したお取り寄せになりました。
いちじくの味は天候に非常に左右されやすく安定した品質をお届けするのは至難の業、改めてイチジク栽培の難しさを実感。

2021/9/7 芽かき作業はまだまだ続きます。ある栽培本に「根元から芽かきをすると翌年の芽が出ないので2~3芽残して摘芯すると良い」と記載されていたのを見てやってみました。(後にこれは失敗だったと分かります…)

2021/9/21 第一圃場では蓬莱柿の収穫が始まりました。私の中でのいちじくと言えばこれです!この皮ギリギリまで赤く実が詰まった果実。
勿論、味・香り・食感どれも抜群です!

2021/9/21 先日、2~3芽残して摘芯した脇芽の脇芽(まぎわらしい笑)が出てきてしまったドーフィン。実も付けしまっている、樹勢が強すぎる…
      とりあえず取り除きました。

2021/9/22 蓬莱柿の収穫シーズン到来。完熟果は皮が薄くて本当に美味です。

2021/9/27 無人直売所にてちょっぴり販売しました。採って直ぐにお客様へ販売出来るのは都市農業の強みですね~。

市川農園の『完熟いちじく』栽培編⑨” に対して1件のコメントがあります。

  1. フジクラキミオ より:

    直売所に行きたいので、場所を知りたい。

    1. ichikawafarm より:

      ご返信大変遅くなり申し訳ありません。
      「海老名 市川農園」と検索していただければGoogleマップが出てきますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。