市川農園のブルーベリー狩り【栽培編⑧】

2022年の夏にブルーベリー摘み取り園のオープンまでの様子を綴っていきます。
2021年2月の様子をお伝えします。

落葉しない葉は強制的にむしり取る

2021/2/6 ほぼ全ての品種で完全に落葉しました。一部枝に残っている葉は人力でむしり取りました。間隔を広げてポットを再配置しました。
今回も妻が活躍してくれました。平日は会社員として働いているのに休日手伝ってくれて感謝しかありません。

2021/2/6 シャープブルーが断トツの早さで萌芽してきてしまいました。この時期に膨らんでしまうとまだ気温が低い時期に花が咲いてしまうので受粉出来ず実が成らない可能性が非常に高いです。

余っていた防草シートを敷き育苗スペースを拡張
剪定後のポット再々配置

2021/2/19 二次剪定スタート。間引き剪定がメイン、切り返し剪定(花芽調整)は一巡してからにすることにした。

2021/2/21 ドリップピンの取り付け作業&試運転。芽が動き出してきてポットが軽くなる個体が多くなったので急いで潅水の準備をしました。潅水スタート、去年残りの液肥を薄めに混ぜながら二日おきに1回5分/日の間隔。

2021/2/25 花芽調整スタート。今年は2年目なので樹づくりをメインとし花芽はほぼ落とすため強剪定に近い形になります。ただ味見はしたいので全体の1割弱の花芽を残して実を成らせてみる予定。

2021/2/26 切り返した枝から塩類析出を確認、まだ液肥は早かったようです。直ぐに井戸水だけの潅水に戻しました。

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です