市川農園のブルーベリー狩り【栽培編②】

2022年の夏に『市川農園のブルーベリー狩り』オープンに向けての様子を綴っていきます。
今回は前回の続き、夏季剪定作業の様子をお伝えしていきます。

前回の記事で「シャシャンボツバメスガ」という蛾の被害が多発している状況をお伝えしました。
この被害の対策として被害部の切除が最も有効ということで夏季剪定と併せて作業を行っていきます。
夏季剪定は枝を分枝化させガッシリとした樹作りを目的としています。

今年の春から新しく伸びた新梢を3/4程切り戻します。

綺麗さっぱりしました。

1分/1本ペースでやっても240本程あるので中々の時間と枝の量になりました。

作業はモサモサで歩きづらかった通路も作業後はスイスイ通れるまでさっぱりしました。
今年・来年でしっかりした樹を作り再来年には大きくて美味しいブルーベリーをお届けできるよう頑張って参ります!
今後も生育の様子をお伝えしていきますのでお楽しみに~。

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です